入居者の声

Case.7 「空気がキレイ!」を
カタチにしました

N様邸 / 山形県
family make-up / 4人
(夫婦・息子5歳・3歳)

First Contact 無添加住宅との出会い

ふたりの男の子を持つN様は官舎にお住まいでしたが、「そろそろ子どもたちがわんぱくになって来たので…(笑)」と、新築を考えられました。そして雑誌で見た無添加住宅に興味を持たれました。

Favorite Point 1 Livingroom 光も喜ぶ室内空間

空気のキレイな空間で、楽しいおしゃべり

とにかく、「詳しくは知りませんでしたが〝シックハウス〞という言葉を聞いていたので、やはり刺激が少ないというか、健康な家が希望でした」とご主人。特に新築特有の鼻にツーンとくる臭いは避けたいと思っていました。また、外観もサイディングにすると継ぎ目のコーキングが数年後には剥がれてくることも懸念材料だったとのこと。さらに、〝室内の寒暖の差が少ないこと〞や〝床がヒヤッとしないこと〞もご希望でしたが、決め手は3歳の息子さんのこの言葉。旅行に行った時、漆喰壁のお店に入った時に子どもが「ここ、空気がキレイ!」って言ったんです。これはもう無添加住宅に出会うようになっていたとしか考えられません。

Favorite Point 2 Flooring 無垢材の心地よさ

「冬は温かく、夏はベタつきません」
とご主人は大満足

カラフルなマルチカラーとグレーの石屋根が楽しい印象のN様邸。玄関廻りにも天然石が使われており、真っ白な漆喰壁とのコントラストが美しさを主張しています。玄関ホールにはシューズクロークがあり、家族とゲストのエントランスが明確になっています。「無垢のフローリングの柔らかさと温かみが気にいってるんです」とご主人。リビングまで続く無垢材はそれだけで、自然素材の優しさを感じさせてくれます。そして、ご夫妻のお気に入りが、吹き抜けリビング。薪ストーブももちろんですが、そのしつらえがモニュメントのようで、見る楽しさを演出しているかのようです。

Favorite Point 3 ShoesCloak 2WAY動線の便利さ

訪れる人を気持ちよく迎えられますね

個性的なネイビーの畳。
床の間には天然石を使用

無垢の木と天然石の天板で構成された、
オリジナルキッチン

Favorite Point 4 DiningKitchen 奥様の願いが詰まっています

「魅せ方と機能性が両立されていて毎日が楽しいです!」と奥様

テレビボードを中心としてリビングとダイニングキッチンとに分かれる間取り。ダイニングにはテラスからの光が差し込んで、とても明るい空間となっています。そしてキッチンは、奥様が喜ぶマストアイテムが満載!特に棚は「もちろん、お料理に必要な物を置くんですが、置くというより〝飾る〞感覚で思わずその色やカタチを考えて選んでますね(笑)」と、想定外の楽しいオプションにも大満足です。リビングでは子どもたちが自然素材の階段で遊んでいます。
「無添加住宅は家族にやさしい素材で出来た家ですね」と納得のN様ファミリーでした。

「あの可愛い屋根の家!」って
呼ばれてるかも知れませんね

薪ストーブの温かさは安心のぬくもりです

アールを使うことで、毎日の暮らしに
やさしさがプラスされるようです

PAGE TOP