無添加住宅
コラム

昔ながらの日本家屋から学ぶ健康住宅の特徴

古民家のような昔ながらの日本の家には、落ち着きや安らぎを感じますよね。解放感があり、四季の移ろいをより楽しむことができるのも、日本家屋ならではかもしれません。
そんな昔の家と今の家では、造りだけではなく、家を構成する素材も全く異なるのです。

現代の家とは何が違う?日本家屋の特徴

・屋根には草もしくは瓦

世界遺産にも登録されている、岐阜県の白川郷にある建物は、かやぶき屋根が特徴的です。かやぶき屋根はススキなどを材料に造られており、通気性や断熱性に優れています。

かやぶき屋根はさすがに限られたとこでしか見ることができませんが、瓦屋根の家は今でも残っていますよね。瓦というのは粘土を固めて高温で焼いたものです。瓦は塗装製品ではないため、色が剥げることもなく、再塗装の必要がありません。耐久性にも優れているので、メンテナンスがほぼ必要ないのです。

・壁材には土

現代の住宅では、壁に石膏ボードが使用されていますが、石膏ボードがなかった時代は土で壁を造っていました。
土壁は断熱性や防火性、調湿性に優れています。

・基礎部分には石

現代の家は家と地面の間に隙間がありませんが、昔の家は石場建てといって基礎部分に石を使用し、柱の下に石が据えられていました。
通気性が良いことはもちろんですが、メンテナンス性にも優れています。

・床は畳や無垢材

日本家屋では床というと畳が主流でした。和室に漂う独特なイグサの香りが好きな方も多いのではないでしょうか。
畳には調湿性に加え、音を吸収してくれる効果もあります。

また、廊下部分には無垢材が使用され、こちらも調湿性があります。天然無垢材の床は年月を経るごとにどんどん味が出てくるのも特徴です。

・ドアではなくふすまで部屋を区切る

今の家は、扉で部屋が仕切られているので、必要に応じて間取りを大きく変えるというのは難しい傾向にあります。しかし、ふすまで区切られた昔の家はふすまを取り払うことで宴会ができるような大部屋に変化したり、逆に細かく区切ることで小さな部屋をいくつも作ったりすることができました。

・障子で光を調節

窓に遮光性のあるカーテンを組み合わせることで光を調節することができますが、カーテンは閉めると一気に部屋が暗くなってしまいます。しかし、障子は部屋に明るさを残しながらも和紙によって適度に直射日光をやわらげてくれます。

なぜ現代のような家が主流になったのか

昔は婚儀や葬儀を自宅で行うことも多く、そのたびに大勢の人が集まるので、間取りが自由に変えられるような日本家屋の方が便利でした。しかし、今ではそのようなこともなく、1世帯当たりの人数もだいぶ減りました。

さらに、安価で施工スピードが速いことが求められるようになり、手間暇かかる昔の日本家屋は徐々に少なくなり、現在のような家が多くなりました。

昔の日本家屋をお手本にした家造り

昔の家は土と木、そして草や紙などで構成され、バランスがとれていました。
その考えを軸に、現代の家造りに合うよう吟味を重ね、自然素材に徹底的にこだわって完成させたのが「無添加住宅」です。

そんな無添加住宅では下記のような自然素材の建材を使用しています。

無添加住宅で使用されている建材

・炭化コルク

炭化コルクは断熱材として使用します。外からの熱をシャットダウンするだけでなく、防音調湿・耐腐食性・防虫性などの優れた性能も持っています。

・漆喰

漆喰は、内壁や外壁、天井に使用します。調湿性、抗菌性能、耐火性能などに優れています。さらに、近年内壁として主流になっているビニールクロスは年々黄ばんできたり、剥がれてきたりしますが、漆喰の場合は経年劣化の心配がなく、いつまでも白く美しい状態を保つことができます。

・天然石

天然石は屋根材などに使用します。近年の屋根材というと、セメントと石綿でできた人工ストレートが主流ですが、セメントも石綿も構造的にアスベストとよく似ているため、体にあまりよくないと言われています。対して天然石は自然素材なので身体に優しく、数百年もの雨風に耐えることが可能です。

・米のり

無添加住宅は、木材の貼り合わせなどに使う糊すべてを、手づくりの米のりにしています。米のりの接着力は強く、当社の実験でも木工用ボンドとほぼ同じ強度でした。ご飯からできているので、揮発性有機化合物(VOC)による室内空気汚染もありません。

・天然無垢材

無垢材は床材や建具として使用します。特に無垢材フローリングはナチュラルな雰囲気を演出するだけでなく、夏はさらっと、冬はぬくもりを感じることができるので、1年中快適に過ごすことができます。

無添加住宅では、昔の日本家屋をもとに、無機物を多く使い、有機物を少なくする家造りを行っています。

さらに、身体に悪いものは使用しないというただの健康住宅だけでなく、夏や冬も快適で、経年変化が楽しめ、本物にしかない素材感やデザインなどの価値を提供します。

PAGE TOP