無添加住宅に関わる
家づくり用語集

基本用語から専門用語まで、無添加住宅の住まいに関する用語を集めました。

家づくり用語集をフリーワードで検索

米のり こめのり

米のりは、日本の鎌倉時代から使い始めました。当時は「続飯(そくい)」と呼ばれており、仏像や掛物、家具、建具などの木製品の接着剤として使用されていました。 続飯とは字の如く、ご飯を何度も何度もヘラで練り潰しこねて作ったものです。また、米のりの最大の特徴は、人間が食べられるくらい安全性があることです。無添加住宅ではその米のりを木製品の接着剤として使用しています

米のりを木に塗布している様子